HOME » 賢く選ぼう!オリジナルTシャツ作成のキホン

賢く選ぼう!オリジナルTシャツ作成のキホン

スムーズにTシャツをつくる上で知っておきたい基本をいくつか紹介しましょう。

Tシャツ作成の際のプリントの種類と特徴

プリントの方法にはいくつか種類があります。メリットとデメリットもともに紹介します。

シルクスクリーン

もっとも多く取り入れられているプリントの方法です。市販されているTシャツもほとんどがこのプリント方法で作られています。1つの柄につき1色づつ版を作り、その版にインクを入れたものをTシャツに乗せて印刷していきます。

まる美しい発色

まる持ちの良さ(耐久性)

まるインクの種類が多い

まるたくさん作ると1枚あたりの金額が安くなる

ばつ版代が必要

ばつ1枚など少ない枚数の場合、割高になる

インクジェット

Tシャツに直接インクを吹きかけてプリントする方法です。版の必要もありません。

まる少ない枚数でも費用を抑えられる

まる柔らかい風合い

まる着心地が良い

まる写真やデザインをそのまま使用でき、グラデーションなどのアレンジも可能

ばつ生地の色の影響を受けやすく、入稿データと色合いが異なることがある

ばつ低画質のデータを入稿した場合、画像が荒れる

ばつポリエステルには使えない

カッティング

着色されたシートを切り抜いて圧着します。版は必要ありません。

まる1枚ずつ違うデザインにできる

まるユニフォームなどに番号や名前を入れるのに適している

ばつシートの色が限られている

ばつ単色になる

デジタルコピー転写

特殊なシートに印刷をしたものを版とし、そのシートをTシャツに圧着させる方法です。

まるフルカラー印刷ができ、何色使っても費用は同じ

まるデザインの幅が広がる

まるイメージ通りのデザインが可能

ばつシートを密着させることで通気性が悪くなることも

ばつ質感が平面的になる

カラーコピー転写

版が必要ない方法で、特殊な用紙に印刷したシートをTシャツに圧着させます。

まる1枚ずつ印刷できるので少量のデザインに適している

まる1枚1枚違うデザインで印刷することも可能

ばつ透明な糊の跡が生じる

用途に合う素材とは?

ベースとなるTシャツにはたくさんの種類があり、迷ってしまう人も多いでしょう。素材には大きく分けてコットン(綿)とドライ素材(ポリエステル)の2種類があり、コットンとポリエステルが混合されている素材もあります。

コットンは着心地が良く耐久性があり、保湿性があるので、どんな用途にも適しているのが特徴です。

ポリエステルは安くて強いのが良いところで、薄い生地でも丈夫。通気性が良いのでスポーツにも適しています。

運動部などのユニフォームとして使用する場合は、まずは素材をポリエステルに決めると、その後のTシャツ選びがスムーズにいくでしょう。

割引キャンペーン(大口注文・学割・リピート割など)の利用

ショップによってはキャンペーンを実施しています。キャンペーンを利用すればさらに費用を抑えることができるので、ショップを選ぶときはキャンペーンの有無をチェックするといいでしょう。

キャンペーンの例としては、学生を対象とした学割やイラストレーターで入稿するときに割引されるもの、リピーター割、ブログで紹介したときに適用されるブログ割、納期を長めに設定することで適用される割引、初めての利用での割引などがあります。

「Tシャツ1枚につき、いくら」という形で割り引かれるものと、総額から1,000円程度割り引かれるものがあるので要注意。キャンペーンの種類は他にも色々とあり、併用できるキャンペーンもあります。

割引特典も調査!仕上げが速いオリジナルTシャツショップ比較ガイド