HOME » 失敗から学ぶ!オリジナルTシャツ作成のコツ

失敗から学ぶ!オリジナルTシャツ作成のコツ

「オリジナルTシャツを作ろう!」グループでそう思い立ったものの、実は必要な日まで余裕がない・・・。これは意外とよくあるケースなんです。しかしTシャツの作成は、選ぶショップによってはある程度の日数がかかります。ここではTシャツを作るまでの、基本的な流れを見てみましょう。

流れその1)Tシャツのイメージを固める

▼グループ内でイメージを調整する。

▼予算を決める。

▼着る人全員のサイズの調査。

▼注文するショップを決める。

ここまでで早くても数日はかかるでしょう。日数に余裕がない場合は、早い発送を行っていて、Tシャツの在庫もきちんと持っているショップを選ぶ必要があります。

サイズ選びに関しては、レディースサイズやユニセックスサイズの違いなどで、意外に失敗するケースがあるので注意が必要です。SサイズとLLサイズではプリントのバランスも変わってきます。

流れその2)ショップに相談しながらTシャツやデザインを決める

▼Tシャツの型、デザインを決める。

▼デザインに不慣れな場合は、ショップと相談する。

▼見積りを依頼する。

Webサイト上から色の組み合わせが確認できたり、料金シミュレーションができるショップが、急いでいる場合はベストです。

デザインは、例えば好きな色ばかりを選ぶと、図案や文字が見えにくくなったり、位置によっては目立たなくなってしまうことがあります。ショップと相談しながら決めていきましょう。

流れその3)Tシャツを注文する

▼デザインなどが決まり予算にも折り合いがつけばいよいよ注文!

▼到着を待つ。

デザインを決定する前に、電話などでショップと最終的な確認を行う場合があります。

納期はショップによって異なりますが、2週間程度かかるショップも少なくありません。せっかくTシャツを作っても、間に合わなかったら大変。いざ納品されてみても、枚数が足りなくなってしまう事態が起こるかもしれません。本当に足りる数なのかどうか、必ず事前に確認しましょう。

オリジナルTシャツ作成で注意することは?

大切なのは納期が早く、親身に相談に乗ってくれるショップを選ぶこと。急いで依頼することで、イメージとは違うTシャツができ上がってしまったり、予算を大幅にオーバーしてしまうというのはよくある失敗です。

また、見積もり依頼など、都度メールでの連絡が必要となるようなショップを選んでしまうと、返事をもらうまでにタイムロスが生じて間に合わなくなってしまうケースも。イベント後にTシャツが届いたのでは元も子もありません。

理想は電話で打ち合わせを綿密に行えるショップです。その上で、サポート力があればなおよいでしょう。